カジュアル英語の省エネ発音は映画や海外ドラマのリスニングの鍵!
 映画や海外ドラマ、
 カジュアルな日常会話のリスニングに
映画 海外ドラマ リスニング
HOME
     
   
 

英会話スクールの正しい使い方

Facebookでシェア!
 

私はある英会話スクールの講師、また後には教務担当として東京とニューヨークで
7年間教える現場にいました。なので英会話スクールの内部事情もよく知っています。

英会話スクールというのは当然商売なので、生徒さんが長く在籍するようにもっていこうと
します。一方、上達を実感してもらえなくては困るので、学習効果のあがる教材、
教務プラン、熱意と教えるスキルのあるネイティブ講師を 用意しています。
( この最低線さえできていないスクールも結構あるようですが・・・。)

あなたが最低限の投資で最大限のメリットを英会話スクールから引き出すには
英会話スクールでなければできないことと、あなたが自分だけでできることを
しっかり区別することが大切です。

で、ここで私自身の経験と観察からぶっちゃけお伝えすると、英会話スクールで
なければできないのは次の二つです。

英会話スクール リスニング1.「自分ネタ」、つまりあなたが普段から話しているいろいろなネタを
書きだしたもの(ライ ティングの アウトプット)を講師に添削してもらい、
スピーキングのアウトプット訓練に使う。

(英会話スクールで、よく「フリーカンバセーション」と呼ばれる、ポイントの
はっきりしない「ふにゃふにゃ」した会話も スピーキングのアウトプットですが、
これはほとんど無意味。理由はあとで述べます。)

ひとつの「自分ネタ」の長さは10秒程度で話し終えられる断片的なものから、
1〜2分話し続けられる経験談のようなものまで。

「断片的なもの」というのはたとえばあなたがアメリカのテレビドラマが
好きだとしたら、、、
「◆◆の舞台になってる●●の町って、本当にあんな感じなのかな。
ずいぶん■■みたいなところだけど、実際に行ったらどうなんだろ。
▲▲だったりして」などと作ってみます。

できるだけ日本語を介さずに既存の自然な英文を借りてきて作れればベスト。
(「スピーキングは暗記と英借文で」)。
その余裕がなければ、日本語で一気に書き出して
和文英訳をするのでも構いません。

とにかく書きあげてしまう。そして英会話スクールで
講師に添削してもらいます。
もっと適切な表現があればどんどん教えてもらって文を直していく。

直してもらったものを家に持って帰って自然に覚え込むまで音読。
欲を言えば、これをナチュラルスピードで読んでもらって録音し、リピーティングや
シャドーイングに使いたいです。

英語が話せるようになるには、多量のアウトプットが必要ですから、相手がいなくても、
この 「自分ネタ」をぶつぶつ口にしてみる。いろいろと展開してバリエーションを作って
遊ぶ、などするのがとても効果的です。

こういうネタをたくさん英語で仕込んでおけば、
ネイティブ相手の話題にも事欠かなくなります。

さらなる利点は、頭の中が使える英語であふれてくること。
蓄積されてくるセンテンスや構文、表現、 語句などを
組み合わせて、さまざまなことが言えるようになってくる。

そうやって覚えこんだ「自分ネタ」をもとに、レッスンでフリーカンバセーション
をするのもいいです。
ここでもまた、あなたの発言で改善できる点を講師にメモしておいてもらって、
あとからまとめて直してもらい、これを覚えこみます。

これを続けていくと、アウトプット能力が飛躍的に伸びます。

[追記]今は格安で Skypeを使ったオンライン英会話スクールもあるし、
うまく活用したいものですね。

オンライン英会話スクールは山ほどありますが
今のところ、私としては特にお勧めはありません。

映画 リスニング

英会話学校のレッスンだとネイティブの先生の言うことが聞き取れるのに、先生同士がダベっていると全然聞き取れないのはなぜ?
 
特別無料レポー

映画リスニングの起爆剤
聞き取りにくい省エネ発音
文頭パターン77連発

(音声付)

詳細を見る(サンプル音声付)


お名前
メルアド
この無料レポートを申し込まれた方には、特典として無料メール講座「これで映画が聞けないなんて言わせない」(8回完結、ワンクリックで配信中止可能)をお送りします。その他のメルマガには登録されません。
 

英会話スクールやSkypeのレッスンでやるには時間がもったいないけれど、絶対やる必要のある訓練があります。

基本構文を使いまわす力=瞬間英文作成力です。

それには この教材が一番!
管理人一押し!

無料お試し版あり
上のバナーをクリック!

 
 

 

 

結局のところ 「講師の質」そして「講師とあなたの相性」に尽きますから。

参考までに数社のリンクを張っておきますが
これをきっかけに、自分でいろいろ探してみてください。

Weblio英会話

DMM英会話

エイゴル 固定担任制なのが強み。


英会話スクール リスニング2.発音矯正

あなたの発音に大きな問題がある場合、または、あなたがどうしても「ネイティブ
みたいにかっこいい」発音
になりたいけれど壁にぶつかっている場合、
英会話スクールが役立ちます。(ちなみに、「ネイティブみたいなかっこいい発音」
を目指す努力は特にしなくていいと、私自身は思っています。)

発音に大きな問題があるときは、日本人講師に見てもらうほうが絶対にいいです。

発音指導というのは英語ネイティブだからできる、というものではありません。
苦労して正しい発音を身につけた日本人講師にコツを教わるのがベスト。
あるいは日本人と ネイティブのペアに教わります。

ネイティブみたいにかっこいい発音」を目指すなら
外国人に英語の発音を教える ノウハウをしっかりと訓練され、
日本人の発音の弱点も熟知したネイティブにつくのが いいです。
でもこういう人ってなかなかいません。

英会話スクール リスニングさて、英会話スクールで時間とお金をかけても、もったいない理由について
説明します。それは・・・


1.アウトプットトレーニングは、英会話学校でやるだけでは、まったく時間が足りない。

「英会話スクール」というくらいなんで、「会話」をする場所、というイメージですよね。でも、ただだらだら「会話」していても、英語は話せるようにはなりません。断片的には英語らしい表現が使えても、全体を見るとカタコトに毛が生えた程度。

なぜ先ほど「会話の練習」でなくて、わざわざ「自分ネタ」という言葉を使ったのか。「会話の練習」と大雑把に言ってしまうと、基本的構文も使いこなせない、基本的単語も怪しい、土台のない「ふにゃふにゃ」した会話も含まれるから。

こういう「ふにゃふにゃ会話」をネイティブ相手にして 間違いを直してもらって、その場は満足、というのも英会話スクールでできます。でも、その程度では何年続けてもきちんと話せるようにはなりません。スクール側としては、そういう「ふにゃふにゃ会話」中心で満足している生徒さんは一番の「お客様」です。ながーいこと通ってくれるからです。

基本的構文(最低でも中学3年間の構文、理想的には高校2年くらいまで)を
自由に使いこなせるようになるのは独学で充分です。(→英文瞬間作成力)有料教材ならば、よくできたカンペキに近いものが一つあります。→

    そして、英会話スクールだけでは到底足りないアウトプットの量を増やす方法は
こちらです。→どうやって話す量を増やすか

2.インプットトレーニングは全部自分だけでできる。

リスニング、リーディング、構文学習、語彙学習、、、つまりインプットトレーニング。英会話スクールでできることは全て自分 ひとりでできます。 というか、自分ひとりでやった ほうが効率もいいし好きな素材を使えます。 大金を払う必要もない。

たとえばリスニング。

映画や海外ドラマのDVD、スクリプト、イン