英語 リスニング 無料    
発音 リスニング 省エネ発音ミニ講座〜その7
     
 
   
 

<ミニ講座一覧>

はじめに

I. 省エネの起きやすい場所と単語 センテンスのリズムの谷間  語内のアクセントのない音節  機能語  文の出だし 頻出表現 

II. 頻出する省エネ発音14パターン: Water ウォーラー、little リルルのT   Center セナー のT  Under アンナーの D

破裂させずに鼻に息を抜くD  語頭の H  語頭のTH  リエゾン  同じ音同士でつながる  ドンチュ、ディッジュ、ミシュのパターン

water little center 発音


今までの教材では立入禁止だったネイティブのくだけた発音を集めました。「モゴモゴバスター」!映画や海外ドラマのリスニングに。無料サンプル音声もたくさん!

dots

II. 省エネ発音の14のパターン

★スマートフォンをご利用の場合はお手数ですがブラウザはFirefoxをお使い下さい。
その他のブラウザでは、音声再生ができないことがあります。

このセクションでは、省エネ発音を14のパターンに分けました。
もっとも頻繁に耳にするタイプの省エネ発音で、どうしても知っておかないと
困るものを取りあげています。

モゴモゴと聴きとりにくい部分の大半では、この14のパターンのどれか、あるいは
いくつかが混ざって働いています。

それぞれのパターンの音を何度も聴いて耳に焼きつけてください。


【パターン1】 Water ウォーラー、little リルルのT (T が 軽く弾いた D の音になる)

次の二つの water の発音を聴き比べてみましょう。

 
   
   
 


最初が省エネしたT の音、2番目はTをはっきりと破裂させた音です。

Water が「ウォーラー」と聞こえる点、「ミニ講座〜その3」でも取上げました。
カタカナの「ラ、リ、ル、レ、ロ」と「ダ、ディ、ドゥ、デ、ド」の音を混ぜたような音です。

皆さんにもおなじみの音だと思います。
省エネの感触をつかむために、まずは、きちんと破裂させる
2番目の water をマネして発音してみましょう。

T の舌先の位置は カタカナの「ラ」や「ダ」よりも、もっと上、
上の歯と歯茎の境目あたりです。

破裂させるときの強さは「タ、テ、ト」よりもずっと強くしましょう。
舌先を強く押しつけて空気の流れを完全に止めてパッとはなします。

そうやって、強い破裂をさせる本来の T を 発音してから、
今度はラクをするために軽く弾くだけで発音すると、自然にこの音になります。

 
   




T の省エネ発音は、実に頻繁に使われます。

T という音は、きちんと破裂させて本来あるべき音で発音するには、
相当エネルギーがいる音。 しかも、よく登場する音だからです。

このミニ講座では、T のこの省エネ発音を

「Water ウォーラー、little リルル のT (軽く弾く D になるT)」と呼ぶことにします。
(専門的には「弾音化した T」とか「フラップ T (flap T)」と呼ばれます。)


今度は little で同じことをやってみましょう。
T の音の違いをマネしてみてください。
最初のサンプルが省エネの T の little。
2番目が、T をきちんと破裂させた本来の T の littleです。

 
   
 
   


T をはっきり破裂させると余計なエネルギーが要るのが実感できると思います。

もういくつか聞いてみましょう。

できれば、プレイボタンをクリックする前に
どのような音になるのか、先に予想してみてください。
自分で発音してみるのもよいです。

それから実際の音を聞き、予想した音と同じかどうかチェックしてみましょう。

   
  later  
     
   
  But I don't know.  
     
   
  digital  
     
   
  That'll be nice.  

 

But I や That'll のように2語にまたがって、この T の省エネ音が発生することがよくあります。
そうすると、単語と単語の境目が余計わかりにくくなって、ひとつのカタマリに聞こえてきます。

この省エネ発音のパターンはスペリングでみると下の条件で発生します。
(この条件をわざわざ覚える必要はないです。でも知っていると、頭の中で整理するのには役立ちます。)

  1. 「母音母音」 または「母音TL

water, little, later, ButI, digital *, That'll

* digital の tal の部分はスペリング上は a が入っているが音は
[tl]
なので  「母音TL」の形です。
    当サイト管理人が開発したイディオム教材の決定版!
 

2. アクセントの無い音節(弱音節)

obtain (手に入れる)という語の場合 obTAIN と T のある音節にアクセントがあるので この省エネは起きずに T は強く破裂させる。

 


【パターン2】 Center セナー のT (T が、その前のN に吸収されて弱くなるか消える)

T の省エネ発音の2番目は こんな音です。

   
 
 
     
   
   


T がその前にくるNの音に吸収されたように省エネします。
N の一部、またNの延長のようにも聞こえます。

この音を覚えやすいように「Center セナー のT」と呼ぶことにします。

このパターンは、N のあとに T が、さらに T のあとにアクセントがない母音か L の音がくるときに
起こります。

ちょっとメンドウかも知れませんが、これは知っておくと便利なので、
簡単に公式のようにして書いてみます。こんなふうにすっきりと書けます。

nt + (アクセントのない)母音、またはL


上の音声の center と mental、この公式にあてはまっていることを確認してみます。
(カタカナ表記はあくまで参考まで。)

center ⇒ cen'ner セナー nt + (アクセントのない)母音

mental ⇒ men'nal メナル nt + L
          (スペリング上は t のあとに a がきていますがこの a は発音せず。
           省エネ前の元来の発音記号は [mentl] )


このパターンでは 特にnt + 母音の言葉がたくさんあります。

<ひとつの単語内の省エネ>

enter ⇒ en'ner エナー
winter ⇒ win'ner ウィナー
Internet ⇒ in'nernet イナネット
international ⇒ in'nernational イナナショナル
interactive ⇒ in'neractive イナラクティヴ
interesting ⇒ in'neresting イネレスティング
into ⇒ in'noo イヌー
onto ⇒ on'noo オヌー
twenty⇒ twen'ny トゥエニ
percentage ⇒ percen'nage  パーセネージ
advantage ⇒ advan'nage  アドヴァネージ 

<ふたつの単語にまたがった省エネ>

been to ⇒ been'noo ビーヌー
want to ⇒ wan'noo ワンヌー (want to⇒ワナの一歩手前の音。)
gone to ⇒ gone'noo ガンヌー

nt + (アクセントのない)母音」としたように
T に続く母音にアクセントがあれば起きません。例えば。。。

inTERn (企業や病院などのインターン)
unTIL  

T は、強くしっかり破裂させます。


N という音は粘りのある大変クセのある音です。
しかも舌先の位置が T と同じで、上の歯と歯茎の境目あたりにあります。

いっぽう N に続く T のほうはアクセントのない弱音節にあるので、
強く破裂せずにラクをしよう、という気分で 待ち受けています。

そのため、先に発音されたクセのあるN の音に T が吸収されて この省エネがおきるのです。

以上、T の省エネで最も頻繁に耳にするもの二つを取上げました。
この二つは本当にさまざまな語や、語と語のつながりにおいて登場します。


次のページでは D の省エネ発音を取上げます。

  英語 リスニング 無料このセクションでは、数多くある省エネパターンの中から代表的なものを選び、 基本的な音声サンプルとともにご紹介しています。

さらに多くの省エネ発音を知り、音声をたっぷりと使った徹底的なリスニングの トレーニングをご希望されるかたは、こちらをご覧ください
next
  back
  ナマ英語.com トップページへ
  無料 英語 発音

このサイト内の文面、音声、画像を許可なく使用することを禁じます。

Copyright (c) 2008-2010 Koji Matsuo  All rights reserved.