英語 リズム    
英語 リズム 省エネ発音ミニ講座〜その2 英語 リズム
     
 

<ミニ講座一覧>

はじめに

I. 省エネの起きやすい場所と単語 センテンスのリズムの谷間  語内のアクセントのない音節  機能語  文の出だし 頻出表現 

II. 頻出する省エネ発音14パターン: Water ウォーラー、little リルルのT   Center セナー のT  Under アンナーの D

破裂させずに鼻に息を抜くD  語頭の H  語頭のTH  リエゾン  同じ音同士でつながる  ドンチュ、ディッジュ、ミシュのパターン

Is she イシーのパターン 複数の省エネ発音が混ざったつながり方 前置詞と接続詞  

疑問詞や関係詞
  破裂音
 

III. 会話でさまざまな省エネ発音が混ざった例

IV. 省エネ発音攻略法

ナマ英語.com トップページへ

今までの教材では立入禁止だったネイティブのくだけた発音ばかりを集めた「モゴモゴバスター」!映画や海外ドラマのリスニングに。無料サンプル音声もたくさん!

英語 リズム

I. 省エネ発音の全体像:起きやすい場所と単語

★スマートフォンをご利用の場合はお手数ですがブラウザはFirefoxをお使い下さい。
その他のブラウザでは、音声再生ができないことがあります。

[1] センテンスのリズムの谷間 

「英語にはリズムがある」と、よく言われます。

どういうことでしょうか?

次の4つのセンテンスを聴いて、このことをちょっと考えてみてください。

[A]  
  The PLANE is READY to TAKE OFF.  
     
[B]  
  The PLANE will be READY to TAKE OFF.  
     
[C]  
  The PLANE ought to be READY to TAKE OFF.  
     
[D]  
  The PLANE would have been READY to TAKE OFF.  

 

そうです。「リズムがある」というのは、
センテンスの中でアクセントをつけて強調して発音される部分(強音部)と
弱く発音される部分(弱音部)があるということです。

上のサンプルでは、強音部にくる単語は PLANE, READY, TAKE OFF の3つです。

この強弱は息の強さの違いによってつけられます。
(いっぽう、日本語は息の強さが一定なので、平たく聞こえます。)
強音部にある単語のアクセントのある母音は強く、長く発音されることになります。

大切な点はこの強弱がほぼ交互に現れることによって英語独特のリズムが生まれること。

このリズムを意識することは省エネ発音を学ぶ際、とても大切です。

リズムの谷間の弱音で省エネ発音が使われることが多いからです。
(個別の単語を見ると、弱く発音する弱形が多用されます。弱形を省エネ発音の一部と
考えることもできます。)

そして強音部はほぼ同じ間隔で登場します。

サンプル音声をもう一度聞いて、この点を確認しましょう。


[A]  
  The PLANE is READY to TAKE OFF.  
     
[B]  
  The PLANE will be READY to TAKE OFF.  
     
[C]  
  The PLANE ought to be READY to TAKE OFF.  
     
[D]  
  The PLANE would have beenREADY to TAKE OFF.  

 



この4つのセンテンスのリズムをイメージであらわすとこうなります。

wave


3つある強音部の山、PLANE, READY, TAKE OFF のうち
PLANE READY にはさまれた弱音部の谷間にくる単語に注目しましょう。
上の波のイメージの黄色い箱の部分です。

この谷間の単語は例文の [A] では is という一語のみ。
例文の[B] →[C] → [D] と進むにつれ単語数が多くなったり単語自体が長くなったりしています。

でも、"PLANE"と発音してから"READY"と発音するまでの時間はほとんど変わりません。

さらに PLANE から READY までに費やす時間と
READY から TAKE OFF に費やす時間もほぼ同じです。

ためしに、自分でも強音部の山、PLANE, READY, TAKE OFFでリズムを
とりながらきいてみましょう。山のところで机の端など、たたきながらマネしてみてください。


強音部の山にはさまれた弱音部の谷間の部分に入る語が増えても、
この等間隔のリズムがほとんど変わらないのです。

谷間に入る語が多くなるほど、リズムの等間隔さを乱さずに話すには
谷間の部分で話すスピードをあげないとならなくなります。

でも、早口にすべての語を発音するのは限界があります。
人によっては、もともと早口が苦手な人もいます。

そのため谷間の部分で 省エネ発音が活躍することになるわけです。
省エネ発音を使って谷間の部分にかかる時間を圧縮してしまうのです。

PLANE READY の間の谷間にくる単語は、このリズムを乱さないために
省エネ発音を使って、発音するのに必要な時間を短縮しています。

ought to be ⇒ oughda be (アウラビ/アウダビ) と省エネ発音

would have been ⇒ wouda bin (ウダベン) と省エネ発音



「早くて聴きとれない」というのは、しばしばこの弱音部の圧縮のせいです。

「早い」と言っても、実際には1つのセンテンスの中でゆっくり目の強音部と、
圧縮してサラッと流されるので早く 聞こえる弱音部が同居しているわけです。

上の音声サンプルは省エネ発音とは言え、かなりわかりやすく発音していますが、
これが、カジュアルなリラックスした会話だとさらに省エネ度が高くなっていきます。



以上、 センテンスの谷間、弱音部で省エネ発音が起きやすい、という点でした。

次のページに進みましょう。
 
next
back
メルマガ購読・解除 ID: 275288
テレビCMで英語の省エネ「タメグチ」発音攻略!
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ
ナマ英語.com トップページへ
英語 リズム

このサイト内の文面、音声、画像を許可なく使用することを禁じます。

Copyright (c) 2008-2010 Koji Matsuo  All rights reserved.