映画 リスニング    
発音 リスニング 省エネ発音ミニ講座〜その13 映画 発音
     
 

<ミニ講座一覧>

はじめに

I. 省エネの起きやすい場所と単語 センテンスのリズムの谷間  語内のアクセントのない音節  機能語  文の出だし 頻出表現 

II. 頻出する省エネ発音14パターン: Water ウォーラー、little リルルのT   Center セナー のT  Under アンナーの D

破裂させずに鼻に息を抜くD  語頭の H  語頭のTH  リエゾン  同じ音同士でつながる  ドンチュ、ディッジュ、ミシュのパターン

Is she イシーのパターン 複数の省エネ発音が混ざったつながり方 前置詞と接続詞  

疑問詞や関係詞
  破裂音
特別無料レポート
III. 会話でさまざまな省エネ発音が混ざった例

IV. 省エネ発音攻略法


ナマ英語.com トップページへ

映画リスニングの起爆剤
聞き取りにくい省エネ発音
文頭パターン77連発

カジュアルな「日常会話」のリスニングが実は一番ムズカシイ。映画の口調と同じだから。聞き取るコツはモゴモゴ不明瞭な文頭から!

詳細を見る(サンプル音声付)

破裂音 消える

II. 省エネ発音の14のパターン

★スマートフォンをご利用の場合はお手数ですがブラウザはFirefoxをお使い下さい。
その他のブラウザでは、音声再生ができないことがあります。

【パターン 14】  破裂音が消える


英語の子音の聴きとりは日本人にとっては難しいですね。
ひとつには周波数の違い。英語の子音は高い周波数を持っているので
低周波数の音ばかりの日本語になれた耳にはとらえにくい。
これは、もう常識となっているようです。

子音の中でも一番手ごわいのは破裂音。アクセントのある強い音節にある場合は
問題ないのですが、語尾にこられたりするとヤッカイものです。

語尾でフット音が消えて一瞬の空白がある。その空白に消えた破裂音があるのです。
聞こえなくても口の構えはその音にいっていて意識上では発音しているので
発音しているときと同じ一音分だけの時間が使われているからです。

Good Job! を グッジョッ!、Good luck! を グッラッ!などと書くことがありますね。
この空白を「ッ」の表記で うまくあらわしているといえます。

破裂音とは舌や唇で息を破裂させて出す音。全部で6つあります。

[p]、 [t]、 [k] という3つの無声音、および、これを有声化した [b]、[d]、[g] の3つです。

無声音とは声帯に指を当ててみると声帯が震えていない音。有声音とは、声帯が震える音です。

省エネ発音では、もともと捉えにくい破裂音がさらに弱まるか、消えてしまいます。

カジュアル度が低い場面では語尾であってもきちんと発音するほうがよいのです。
ニュースキャスター達を観察すると ごく軽くであっても、きちんと破裂させていることがよくわかります。

語尾にくる破裂音の例をいくつか聞いて見ましょう。

1.  
 
 
     
2.  
 
 
     
3.  
 
 
     
4.  
 
 
     
5.  
 
 

 

<訳文>

2. それを僕に渡してくれよ。
5 上出来だよ。その調子で続けて。.


語尾でなくても消える破裂音もあります。
いくつか子音がつづくと起きる省エネです。
語尾よりは聞き取りに困ることは少ないのですが、ひとつだけ例をあげておきます。

 

   
 
 

 

picture が pitcher (ピッチャー)に聞こえますね。
ミニ講座3で pumpkin ⇒ pum'kin、 probably ⇒ prob'ly となる例をあげたのと
同じタイプの省エネです。

さて、次のセクションでは、現実の会話の中で、さまざまな省エネ発音がどのように
使われているか聞いてみます。

  海外ドラマ リスニングこのセクションでは、数多くある省エネパターンの中から代表的なものを選び、 基本的な音声サンプルとともにご紹介しています。

さらに多くの省エネ発音を知り、音声をたっぷりと使った徹底的なリスニングの トレーニングをご希望されるかたは、こちらをご覧ください

next
  back
  【お知らせ】
このナマ英語ドットコムサイトの管理人がアメリカで開発した口語表現・イディオムの教材が2014年10月に発売開始た。相手のハートに響く、生きたイディオムを厳選。楽しくて今すぐにでも使いたくなる例文が満載!紹介サイトをチェックしてみてください。 → Let's Speak American
 
  ナマ英語.com トップページへ
  映画 リスニング

このサイト内の文面、音声、画像を許可なく使用することを禁じます。

Copyright (c) 2008-2010 Koji Matsuo  All rights reserved.