YouTubeのコマーシャル動画とスクリプトで英語のリスニング!

 映画や海外ドラマ、
 カジュアルな日常会話のリスニングに
英語 コマーシャル CM リスニング
HOME
 
     
 

映画や海外ドラマと同じく、コマーシャルはネイティブが日常使っているカジュアルな表現や
省エネ発音がたくさん登場するので、リスニングを鍛えるにはもってこいの素材です。

メルマガ【テレビCMで英語の省エネ「タメグチ」発音攻略!】で取上げた過去の動画と
英文トランスクリプト、及び訳文(意訳)です。省エネ発音の部分はポップアップになっています。
(省エネ発音の説明は省きました。省エネ発音ミニ講座を参考にしてください。)

精聴・ディクテーション、リピーティングやシャドーイングの素材として役立ててください。

メルマガ登録・解除
 
     
  YouTube スクリプト 英語 リスニング【ハッピーちゃんのパンツ(スプリント)】 第80号 2009/08/07  
   
  YouTube スクリプト 英語 リスニング<トランスクリプト>

Song: "I'm Happy, the Hedgehog. I'm really really happy!"  
Studio Executive: He needs pants.
Man 1: Studio wants pants.
Man 2: Why do we have to put pants on a hedgehog?
Man 3: Come on!
Man 1: American families () see pants.
Man 3:Yogi Bear () pants.
Man 2: Yogi Bear () pants.
Studio Executive: This is a hedgehog.
Man 2: Either the hedgehog goes pantless () Bobby walks.
Studio Executive: Fine, that cuts the director fee in half.
Man 2: You know pants might work.
Artist: Pants! () how long that will take?!
Man 2: We’re talking million-dollar pants.
Studio Executive: Put pants on that hog!!
Man 2: Pants it is.
Man 1: You see the pants?
Studio Executive:I saw the pants. They left the fly down. It takes many calls to make a movie. And only one to ruin it. Please no calls or texts during the movie.
 
 

 

YouTube スクリプト 英語 リスニング <訳文>

Song: 「僕の名前はハッピー。ヤマアラシのハッピー。  僕はとってもとってもハッピーさ!」    
Studio Executive: ズボンはかせて。    
Man 1: スタジオはズボンが欲しいそうだ。    
Man 2: なんでヤマアラシにズボンはかせなきゃならん?    
Man 3: よしてくれよ! (=Come on!)      
Man 1: アメリカの家族はズボンが見たいんだよ。    
Man 3: ヨギ・べアーはズボン入ってなかったぜ。    
Man 2: ヨギ・べアーはズボン入ってなかったぞ。    
Studio Executive: これは(熊じゃなくて)ヤマアラシよ。    
Man 2: このヤマアラシがズボンなしのままで行くか、でなきゃボビーは辞めるってさ。    
Studio Executive: けっこうよ。ディレクターの費用が半分に減るわ。   
Man 2: なあ、ズボンもいいかも知れんぞ。    
Artist: ズボンですって! どれだけ時間がかかるかおわかりですか?!    
Man 2: 百万ドルのズボンだぞ。    
Studio Executive: あのブタにズボンはかせるのよ!!!    
Man 2:  ズボンをはかせるということで決まりだ。   
 Man 1: ズボンはいてますか?    
Studio Executive: ズボン見たわよ。  前のチャックが下がったままだわ。    


映画一本作るのに、電話で何度も話すんです。 でもたった一本の電話で映画一本が台無しに。  
上映中は電話やテキストメールはやめてください。      
 
     
  YouTube スクリプト 英語 リスニング【窓側の座席~い!(サウスウェスト航空)】  第81号 2009/08/11  
   
  YouTube スクリプト 英語 リスニング<トランスクリプト>

Computer Check-in Kiosk: You have been assigned middle seat 34E.  
Man: Well, how about a window seat?
Kiosk: How about... No. Next. Narration: () you like? Fly Southwest Airlines and experience the freedom of open-seating. Narration 2: You are now ().
 
 

 

YouTube スクリプト 英語 リスニング <訳文>

Computer Check-in Kiosk: あなたには、真ん中の席、34Eが指定されました。    
Man: うーん窓側の席はないのかな?    
Kiosk: How about... いいえ。次に進んでください。    


Narration: もっと自由に好きなところに座りたいですか。 サウスウェスト航空を利用して、
どこでも好きな席を選べるオープンシーティングの自由を経験してください。 Narration 2: あなたはいまや国中を自由に動きまわれます。
 
     
  YouTube スクリプト 英語 リスニング【フィリー・オン・マイ・マインド(サウスウェスト航空)】 第82号 2009/08/14  
   
  YouTube スクリプト 英語 リスニング<トランスクリプト>

Man 1 (singing):     
I got Philly on my mind. My baby went to Philly.   
I got Philly on my mind.  
Man 2: You got, like, 79 bucks. () go there? Narration:Southwest Airlines has three new nonstops from Austin. Philadelphia, Oakland and Ft Lauderdale. Now () $79. Man 1: () get back to Austin. () get back to Austin. Announcement: You are now free to move about the country.
 
 

 

YouTube スクリプト 英語 リスニング <訳文>

Man 1 (singing):    僕の心にはフィリーがある。  
僕の恋人がフィリーに行ってしまったから。 僕の心にはフィリーがある。   
Man 2: あんた、だいたい、79ドルくらいあるんじゃないの。 フィリーに行っちまえばいいんじゃない? Narration:サウスウェスト航空はオースティンからのノンストップ便に新しい3本が。 フィラデルフィア、オークランド、フォートローダーデールまで。 今なら、たったの79ドル。 オースティンに戻らなきゃ。オースティンに戻らなきゃ。 Announcement: どうぞ、ご自由に国中を動き回ってください。
 
     
  YouTube スクリプト 英語 リスニング【比較広告・自動車保険(プログレッシブ)】 第84号 2009/08/21  
   
  YouTube スクリプト 英語 リスニング<トランスクリプト>

Woman: May I help you?    
Man 1: Hi! I need to start saving on car insurance.
Woman: Money ()?
Man 1: Yeah, I've had to cut back, sell some stuff.
Man 2: Like his watch.
Woman: We can help you save because we instantly compare your Progressive directly with rates from other top companies. Watch this. Nice savings!
Man 1: () buy my watch back.
Man 2: Oh, this watch? Not for sale.
Woman: Oh, that's cold. Narration: Making sure you get a great deal. () Progressive. Call () today.
 
 

 

YouTube スクリプト 英語 リスニング<訳文>

Woman: いらっしゃいませ。    
Man 1: ハイ! 自動車保険の倹約を始めなきゃならなくってね。    
Woman: お財布が苦しいのね?    
Man 1: うん、節約しなきゃならなくってさ、いろいろ物を売ったり。    
Man 2: 彼の時計とかね。    
Woman: 倹約のお助けはできるわよ。なぜかっていうと、 あなたがプログレッシブに加入したら、
他のトップの会社の  保険料と直接比べられるから。 見てて。 ずいぶん倹約できるじゃない!    
Man 1: ってことは僕の時計を買い戻せるってことか。    
Man 2: え、この時計。売り物じゃないぜ。    
Woman: あらー冷たいのねえ。    


Narration: お得な買い物ができるように確かめます。そう、これがプログレッシブのやり方。  
今すぐお電話かオンラインでコンタクトを。    
 
     
  【うちのピザのほうが・・・(ピザハット)】  第86号 2009/08/25  
 

 
 
YouTube スクリプト 英語 リスニング<トランスクリプト>

Pizza Delivery Man: One new hand-tossed pizza () Pizza Hut. 
Woman: ()! Hey!
Man: Ugh, what a day!
Woman: Are you still upset that Pizza Hut's new hand-tossed pizza tastes better than yours?
Man: It's like they're everywhere. I swear I can even... smell it. Narration: Pizza Hut's new and improved hand-tossed style pizza is more tempting than ever. Start with the light and flavorful new crust.
Add even more enticing sauce. And it's no wonder () Papa John's and Domino's in a national taste test. Get any size, any toppings for just $10.99. ()? Get it from Pizza Hut, America's favorite pizza. Now online.
 
 


YouTube スクリプト 英語 リスニング<訳文>

Pizza Delivery Man: ピザハットから、新製品のハンドトストピザをお持ちしました。    
Woman: 急いで、中にはいって!   ヘイ!    
Man: いやーなんて日だ!    
Woman: ピザハットの新しいハンドトストピザのほうがあなたのところのより美味しいからって、
まだイラついてるわけ?    
Man: あいつら、いたるところにいるって感じだぜ。  ここでも匂いまでするぞ。ホントに。      


Narration: ピザハットの新しくて、より美味しくなったハンドトストスタイルのピザは、
今までになく食欲をそそるよ。 ライトで風味豊かな新しい生地をベースにして心をそそるソースを足していくんだ。 このハンドトストピザが全国的な試食テストでパパジョンズやドミノを負かしたのも驚くことは
ないってわかる。 どんなサイズでも、どんなトッピングでもたったの $10.99。 もっと美味しいピザがほしいって? ピザハットにおいで。アメリカがお気に入りのピザだ。 オンラインでも注文できるよ。
 
     
 

過去のCM動画一覧

ページトップへ

ナマ英語.com トップページへ

省エネ発音ミニ講座へ(音声付)

 
  next  
  back  

YouTube動画及びコマーシャルの台詞の使用要領は米国著作権法 Fair Use に基づきます。

Video and advertisemnet quotes herein retain their original or current copyrights held by their respective owners.
The use of these materials are pursuant to Section 107 of US copyright law, "Fair Use", and meant for educational purposes only.

このサイト内の文面、音声、画像を許可なく使用することを禁じます。

Copyright (c) 2008-2010 Koji Matsuo   All rights reserved.