「学校英語」とバカにしないで

「学校英語」って、よく悪者にされてます。
日本人が英語を話せるようにならないのは「学校英語」のせいだって・・・。

確かに、学校から与えられる英語教育、ヘンな部分もあります。

発音の学習やスピーキングの訓練がおざなりとか、大学受験になると、ときには英語ネイティブでも首をかしげてしまうような問題が出たりする。

でも、学校英語は、ものすごく大きな貢献をしていることも確かです。

日本人が英語圏へ語学留学して現地の語学学校でクラス分けテストを受ける。
筆記テストが比較的高得点なので、自分の話す能力よりも上のクラスに入って
しまうことが多いです。

そうやって入ったクラスで、他の外国人より明らかに会話力が低いというのは
よくあること。なぜかというと、クラス分けテストでは筆記で比較的高得点だったので、
実際の会話力より上のクラスに入れられてしまうからです。

スペイン語圏の人もヨーロッパ人も凄い訛りで、文法ハチャメチャでも話すわ話すわ、
日本人だけ黙ってしょんぼり、となりがちです。

でもこれは見方によっては日本の学校英語が基礎力に貢献しているということです。
(このレベルで留学するのはもったいないですが。)

「日本人は中学、高校で6年間も英語を勉強しているのに話せない」とよく言われます。
でもこれはすごくおかしい。(あれだけのスピーキング練習量で話せるようになったら奇跡です。)

いっぽう「日本人は中学、高校で6年間も英語を勉強している」から
話せなくても、読める人は結構いるじゃないですか。
辞書をひきながらでも、時間がかかってでも、
とりあえず英文を読めるってのはすごいことですよ。

話せるようになる第一ステップは、学校英語で教わる頭ではわかっている、
読めば理解できる構文を自由に組み合わせて英文瞬間作成力ができるようになること。

次のステップとして自分の興味のあるトピックを中心に話す、書くのアウトプット訓練を続ける。中学・高校で学ぶ語彙や表現だけじゃ、自己表現には足りない。マトモな会話どころか会話が全然なりたたないのが普通です。

とはいえ、学校英語はものすごく大きな貢献もしてるんです。中学高校で学ぶ文法・構文・語彙などは、本当に必要な基本ばかり。英語でそれなりに効率よくコミュニケーションできることを目指すなら、絶対学ぶ必要のあることばかりです。大学受験英語も問題点を指摘されることが多いのですが、結論からいえば基礎力の養成に大いに貢献しています。

スピーキングに関しては、中学英語にちょっぴりプラスアルファの構文(仮定法過去完了等)を使えれば必要充分です。文法ルールの細かい例外だのに気をとられていては話せません。基本構文を自由自在に組合わせて文章が作れるようになったら、あとは好きな文章をどんどん丸覚えして応用するスキルを身につけるのが一番です。

私は、日本人経営のニューヨークの英会話スクールで5年間、教務担当兼講師をしていましたが、自分のことを話すぶんには、中学レベルの構文だけでたいてい間にあうということをいつも実感させられてきました。

その学校では、初級レベルの生徒さんには、生徒さんと同じ英語教育(つまり日本の学校英語)のバックグラウンドを持つ日本人講師がつきます。中学の構文をなんとか使いこなせるようになるまで徹底的に口頭訓練するのです。チャート(絵)を使って、日本語を介さずにさまざまな構文の英文が口から即座に出てくるまでやります。その過程で英文法の基礎でつまづいている部分があれば日本語で教えます。

こうして基礎の基礎が徹底してからネイティブ講師とのレッスンに送り出すので、その後の進歩が早いのです。

ネイティブ講師のレベルでも、初級レベルからあがってきた生徒さんには、もう少し凝ったチャートを使ってさまざまな構文を無理やりにでも使わせて話す訓練をまだしばらく続けます。こうやってしっかりした構文応用力をつけることで、どんなことでも表現できる土台ができあがります。

あなたも「中学・高校で6年もやったのに、、、」と感じているのなら元気を出しましょう。

たとえば、今のあなたが、映画や海外ドラマのスクリプトなどを語彙はわからないところが
あっても構文的に理解できるなら、喜んでいいのです。立派な土台ができているんですから。
日本語を介さずに英語の語順でサクサクッと読めるなら、もっと喜んでいいのです。また、
辞書を引きながら時間がかかっても英文ニュースサイトの記事などを正確に読めるのなら、
もう大喜びしちゃっていいんです。

面白みのない学校英語的な英作文問題。きちんとできるなら、大いに自信を持ちましょう。
基本ができているのですから、あとは英借文で自然な英文のインプット続ける。
発音やリズムの基礎を固め、アウトプット訓練をしていく。そうすれば書いたり話したり
は、もう少しでできるようになります。

それなりの土台が築かれているのだったら、あなたが学校で英語に費やした時間は
大きな意味があるのです。全然無駄にはなっていないのですよ。

もし、中学・高校の土台、特に中学3年間という最も大切な土台がまだな人は、近道をしようとせず(回り道になるだけです)しっかりと基礎から作り直してください。教材としては、説明があなたにとってわかりやすくて、問題もたっぷりあるものならなんでもよい
です。

完全な教材というのはありません。自分ががのめりこめそうな教材を選ぶのが一番。
いったん選んだら、とことんつきあってあげてください。次々と「よりよく思える」教材に
手を出していると達成感も身につくものも少ないままです。

それなりの土台が築かれているのだったら、あなたが学校で英語に費やした時間は
大きな意味があるのです。全然無駄にはなっていないのですよ。もし、中学・高校の土台、特に中学3年間という最も大切な土台がまだな人は、近道をしようとせず(回り道になるだけです)しっかりと基礎から作り直してください。教材としては、説明があなたにとってわかりやすくて、問題もたっぷりあるものならなんでもよい
です。完全な教材というのはありません。自分ががのめりこめそうな教材を選ぶのが一番。
いったん選んだら、とことんつきあってあげてください。次々と「よりよく思える」教材に
手を出していると達成感も身につくものも少ないままです。

参考教材(中学の文法と構文)

『くもんの中学英文法 – 中学1~3年 基礎から受験まで』

『完全マスター中学英文法 – くもんのスーパードリル 中学1~3年』

『Mr. Evine の中学英文法を終了するドリル』

特に文法・構文学習の点で「日本の学校英語を思い出させる教材や参考書は
今さらやりたく ない!」という人もいます。そういう人の多くは英語で書かれた英語圏
の教材にひかれるようです。気持はわかりますし、新鮮さが原動力になって最後まで
徹底してやり通せればそれでおおいに結構です。でも現実的に見ると、過去にまがりなりにも一度通り抜けたことがある、日本の学校英語のノウハウに沿った教材を使うほうがずっと効率的だと私は思います。日本語でわかりやすく書かれてますし。。。

英語の文法本でお勧めできるものを紹介しておきます。

Grammar in Useシリーズ

関連トピック

コメント

タイトルとURLをコピーしました